心纏いの世代交代に伴い、退く代表の想いを込めた演舞曲。

「美しく、慎ましく」後世に残すべき心纏いの初心を詩に綴る。

楽曲は心纏い歴代のボーカリスト、

TAKERU、MIKI、中井マデーラ綾子、春香が参加。

奏でられる旋律は

心纏い歴代の演舞楽曲のフレーズ。

温故知新と春風秋霜の知る演舞楽曲。

​作品テーマ

空の音

​         作詞・作曲・編曲:佐乃 健介

ついえぬ人の喜びも

​沙羅双樹の花の色になぞらえ

 

時に色に絆され実も結ばず

影落とす人の夢、空の音に

響きあい数えきれぬ出会いを越えて

慎ましき心纏い 美しく舞紡ぐ

浅き夢見じ酔いもせず踊る

 

詠えぬ日々の綻びも

神渡しの風の糸に誘われ

いつか夢に満たされ花もつけず

影落とす人の夢、空の音に

響きあい数えきれぬ出会いを越えて

慎ましき心纏い 美しく舞紡ぐ

​浅き夢見じ酔いもせず踊る

logo.png

© 2020  kokoromatoi.nagoya