​作品テーマ

地元若宮が誇る名古屋三大祭りの一つ「若宮まつり」。

夕刻から夜半に掛けて練り歩く勇壮な七輌の山車と、

参道で高らかに喝采を響かせる民衆の姿を表現。

勇壮な山車に彩りを添えるのは夜の参道を灯す数多の提灯。

 

かつての城下に広がっていた華やかな世界を、

どまつりカラーに染まった踊り子が表現。

 

古き良き若宮まつりの躍動感。

​演舞動画
​受賞歴

​第14回 にっぽんど真ん中祭り

    ​ファイナル出場 優秀賞

​第13回   こいや祭り

​      せんちゅうぱる北広場会場賞 

喝采

​          作詞・作曲・編曲:佐乃 健介

大きな空に馳せる思い

解れた人を繋つなぐ

ハレの日に歌い踊る

間の手に交わす心

 

喝采の道 今、心纏う

共に重ねた色褪せぬ日々

美しく、慎ましく、鮮やかに

ハレの日に歌い踊る

間の手に交わす心

 

喝采の道 今、心纏う

logo.png