IMG_8937.JPG.jpg
​作品テーマ

 

350年以上の歴史を重ね

若宮八幡社に保管されている「福禄寿車」

その山車を担ぐ、情景を表現いたします。

 

山車を担ぐとき、

感じるのは 自分を鼓舞し、焚きつける「音」

​その音を感じながら全てを出しきる。

担ぎ上がる山車は

木が軋む音とともに ​遠くを見つめ、

凛々しく、そして美しく。

​演舞動画
​受賞歴

​第23回 にっぽんど真ん中祭り「テレどまつり」

 ​

     ファイナルコンテスト出場 

    ニコニコ動画観客投票 3位

IMG_6415_edited.jpg
IMG_6407.JPG.jpg
IMG_6413.JPG.jpg

心焚きつく音

               作曲・編曲:イシダ タツキ 

          作詞:阿部 寿大

遥か香るまた夏風

熱り触れ 踏み締める

担ぐ背中 熱を帯び

進む先へと狼煙を上げ

 

目眩く待つ この未来

手繰り結わせて 奏でる鼓動

玉響の時 分け隔なく、今

  

焚きつく音を 心に重ね 焚べて 

待宵に 唄い踊り

また、纏う場所へ 

染め継ぎ 想い尽きぬ 流転の世界 

騒ぐ足音 焦がれるモノ

瞬き 焼き付け

 

焚きつく音を 心に纏い 囃し

可惜夜に 歌い躍り

燃え盛り 惹きつけ 滾る音色

また、見果てぬ場所へ

logo.png